2011年11月27日

鑿の小話

ずっと前から欲しくって・・・先日、勇気を出して

鑿を買いました。

K棟梁の普段使いと同じものが欲しくて狐の鑿。
絶対、ひどく馬鹿にされるのが分かっているので
黙ってこっそり買いました。

さて、手入れもわからないぞ。どうしよう。

ここはひとつ、いつも親切で優しいY棟梁、はたまた
私のよろず相談係(!?)兄貴のN棟梁に相談してみるか・・・

お店の帰り道にK棟梁の現場に寄ったら、ちょうど研ぎモノ中。
大切にしていた天然の砥石がなぜか割れてしまって新しいのを
買ったそうです。

K「割れた砥石も鑿ぐらいとげるから、やろうか?」
Y「えっ???えぇっ?なんで知ってるん?」
K「は?」
Y「まだ誰にも言ってないのに・・・(大汗;)」
K「は?」
Y「はっ!」
KY「・・・・・」
K「鑿買ったん?」
Y「うん・・・」
K「はぁ~?????」

だから嫌だったのに;;;隠す間もなくばれてしまいました。

K「・・・なに買ったん?」
Y「狐」
K「はぁ~?」

その後ボロクソのけちょんけちょん(T_T)
だから言いたくなかったのに隠し事の下手な私。
後日・・・・・またまた研ぎモノ中の棟梁。

K「いっこも鑿を見さんなぁ」
Y「・・・(ゴソゴソ)これ・・・」
K「狐なんて・・・今時の人には安物よ?使い捨てがお似合いじゃ。どうせ研げないのに。」
Y「狐が欲しかったの」
K「しかも叩き鑿よ、これ。どうせなら造作鑿買えばいいのに」
Y「いいの!これが欲しかったの!」
K「また中途半端な大きさ買いやがって」
Y「まちがえたのっ!8分買おうと思ってたのに7分買っちゃったの」

ブツブツ言いながら、一通り手入れをしてくれました。
叩くところの金輪とか、自分で締めるのね。
買ったばかりでも研がないとまっすぐでないこともわかりました。
棟梁の手にかかって、見違える程切れるようになった私の鑿。
結局K棟梁の世話になる私。いつも頭が上がらない。

結局なんにもわからないのよね、素人には。
でもね、どうしても刻んでみたかったの。

大工になれるわけもないし、いまさらなりたいとも思わない。
私の持ち場は違うし、私のよさも違う。
でもやってみたい、いろいろなこと。


ちゃんとできなくても、やってみて分かることはたくさんある。
大工という仕事のすばらしさをもっともっと知りたいし
それをもっともっと人に伝えていきたいと思ってる。

飾り物にならないように、せっせと使おう☆

posted by アトリエイデア at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月26日

おかげさまで。

おかげさまで忙しい毎日を送っているうちに、ブログ更新がご無沙汰に
・・・いかんいかん。
このところ忙しいのは私だけではないようで。大工さん達も引張合いの
建前ラッシュ。世の中どうしちゃったんでしょうか?

----------------------------------


K棟梁「原の家」も人手不足に苦しみながらもゆっくりじっくり、
着実に進んでいます。

見上げると軒裏の杉の化粧野地板にやわらかな光が映えて、
ため息が出るほど綺麗。
大きな屋根に和瓦が葺きあがった姿は堂々としてとても美しい。

小屋裏2階の構成のため、全体にボリュームが大きい原の家。
K棟梁、ファサードのバランスにもうひとつアクセントを効か
せることを提案。破格のサービスで軒庇をつけることになり、
計画変更確認申請となりました。

------------------------------------


Y棟梁の「神石高原の家」も今月完工。明日は竣工写真を撮りに
伺います。薪ストーブがどう納まっているか楽しみ☆
すこしご無沙汰なのでワクワク~また写真をアップしますね♪

------------------------------------

O棟梁の「浦安の家」も間もなく確認申請提出、年内着工。
こちらは設計はご自分たちで完了されているので法規・構造的
な手続きのみのお手伝いです。まだ20代の若き棟梁。これから
の飛躍されることでしょう。現場も楽しみです☆

------------------------------------


K棟梁も、Y棟梁も、次の新築計画のお話をくださって、
感謝でいっぱいです。
お二人の棟梁のために私にできることで精一杯お力に
なりたい。
そのためにももっともっと、勉強しないとね☆

どこかの会社が建てるのではなく、
誇りある大工が家をたてる、そんな当たり前で人間的な
世の中を回復したい。
私の独立の夢がすこしだけれど形をなしているのかもし
れないと思うと元気が出ます。がんばるぞ!

posted by アトリエイデア at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月01日

天窓から・・・

天窓からこぼれる、秋です。

ここから、裏山のドングリが飛び込んできます。

・・・ トトロ住む家。
(注)まっくろくろすけはご遠慮ください。

IMG_2110.JPG

杉板、登梁のあらわしの天井。
構造材は岡山県産材を使っています。

IMG_2114.JPG

K棟梁、屋根仕舞に奮闘中です!

IMG_2117.JPG

反対側は天窓二つ。

この後、断熱材を入れ、野地板を葺いたら
やっと瓦屋さんの出番です。

posted by アトリエイデア at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記