2012年10月26日

わかりにくい話

材木の名前、ネズ(ムロ)とネズコ(クロベ)は違う。
タモとシオジもそう。ほかにもあるかな・・・
見るからに違うけど、紛らわしい名前。しかも同じ材
でも名前が七変化する。
木材が理解されにくいゆえんの一つだと思う。

関東間・京間・中京間・・・モデュールも地方によって
ばらばら。当然、流通する材寸もばらつく。

現代だと関東間(1間=1820)で流通する材がほとんどだから
これから外れると割高になる。現代の流通としては仕方ない
ことだけど、こうして日本の古来の文化や、地方色がすたれ
ていくんだなぁ・・・

岡山はいまだに柱芯々1910と、関東間より少し広い家が結
構ある。土地に余裕があるからだろう。この場合、流通する
910幅のボードだと切り損が出て、さらに下地を入れなけれ
ばならないために大工手間と下地材でロスが出る。

関東間の1820の場合ボード直張なら廊下内が805とれるけど、
少し前までは乾燥材が少なかったからボード下に胴縁を打つ
ことが多かった。こうすると、1820では廊下内々が狭くなり
すぎる。それで少し前まで1910が結構あったんだと思う。

最近はメーカーさんなどでメーターモデュールの採用が目立つ。
同様の理由でソツが出るが、割高にはなるがメーターモノの
材料がそれなりにあるからまだましかな?
空間がゆったりすることは間違いない。

住宅の建築事情ってビルの世界にはない事情がある。
住宅をやってる大工さんは若い人でも尺のほうがピンとくる
ひとがまだまだ多い。実は私自身もそうだ。
でも図面を尺で表記するわけにはいかない。
これをミリに直すと端数だらけになる。

ほんと、わかりにくいな、むずかしいな・・・。
posted by アトリエイデア at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59534768
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック